読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

重力ピエロ(伊坂映画。仙台の街を舞台にした家族の物語)

重力ピエロ

重力ピエロ

今さらですが冬休みにみた映画

2009年公開の映画。

不審火が連続で起こっていて、犯人は見つかっておらずニュースを騒がせている。
主人公の弟は、不審火の近くに落書きがされるので何か関係があるなのではないかと言い出す。
落書きにはメッセージ性や共通点があり犯人に繋がる手がかりになるのではないかと調べ始めることに。

家族の過去とそれを背負うということ、大事な人を守るという事、そんなのが詰まったストーリーです。

伊坂映画

というわけで、仙台が舞台です。
宮城野区とかが多く映っていたと思います。
いま、私が住んでいる家の付近も映っていて、うおー!とテンション上がりました。
ちょっと昔の映画なので、「落書きされた納戸」みたいなのは取り壊されてもう無くて、今は駐車場になっています。
いろんな場所に落書きされているというストーリー設定なので、知っている場所が色々登場して面白いです。

ほい

伊坂さんらしく、「痴漢は死ね」感があります。
外道であると。

犯罪者を殺すことは悪い事なのか?みたいなストーリーはやっぱり好きですね。
いや殺したらもちろん犯罪なんです。
でも、正義とは何なのか?という問いかけが好きなのです。


正しいからって評価を受けるとは限らないし。
悪くてもズルく逃げれば、権力があれば逃げれる事もある。
世知辛いですよね。


それを、絆とか信頼で越えようとするところに、ホロッと来ます。
ゴールデンスランバーでバッテリーを交換したり、よくできました判子を押すような。
ちゃっちゃと逃げろ、とか。
アヒルと鴨でコインロッカーにラジカセを入れたような。

私的にとてもツボが多くてですね、いいですね。

岡田くんと加瀬さん、キャスト。

兄弟二人が、若いね。
今はとても売れてそれぞれの味みたいなのが有りますけど、コレではまだ初々しいような。
とても好きな二人です。
演技の感じ(雰囲気?)も似てるんではないでしょうか。


そして私は、小日向文世さんがとても好き。


私、高校生くらいの時から好きなので、15年以上はファンですね。

あ、ディルよりも、ファン歴長いです(笑)
作品とか見てるだけで遠征とかしませんけどね☆


あと、渡部篤郎さんね。
カッコいい役と、クズ役のギャップよ!
外見はカッコいいと思うんですよ。
クズの悪役はしっかりクズの役を果たすことで盛り上がりますしね、素晴らしいですね!!!

最後に。

この映画、前に観たはずなのに初めて観た感だったので、前回は寝ながらみたのかもしれない(ついうとうと)。
何となく科学っぽい話がでてくるので難しいかと思いきや、そこまでではありません。

はい、是非みてね!

銀のエンゼル

銀のエンゼル

小日向文世さんが父役。
鈴井貴之監督の作品。

第1話

第1話

鈴井貴之監督のドラマ。
岡田くん主演。小日向さんも最後の方出てくる。

宇宙兄弟

宇宙兄弟

告白

告白

岡田将生くん、ウェルテル(告白)と日々人(宇宙兄弟)の差がヤバイな。

めがね

めがね

加瀬さんはスペック以外は、ナチュラルなゆったりした役が多いような。
でも金むしりに来るダメ夫とかもあったな。。。(ドラマ・贖罪)

ゴールデンスランバー [DVD]

ゴールデンスランバー [DVD]

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]

重力ピエロ (新潮文庫)

重力ピエロ (新潮文庫)