読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

ガウディ×井上雄彦(旅行先で美術館へ)

ガウディ×井上雄彦展に行ってきました。
旅先の兵庫県立美術館です。
f:id:damareyo:20150504143022j:plain

仙台にも来るのですが、スペースの違いとかで展示の感じが変わることはあるので(あと、その回の限定というかそんなのあるときもあるので)行ったことのない会場で見るのも良いですよ。

よく知らないけども!

さて、ガウディなんですけど、サグラダファミリアぐらいしか知りません。(しかも、造ってる途中のヤツでしょぐらい)
それでも楽しい展示でした。

私は井上雄彦の方が馴染みある(というかバガボンドとか見てる)ので、良かったのかもしれないけど。


ガウディ大好きなヒトに熱く語ってもらった感じで、興味が出ました。
美術展て、キュレーターとか?が企画とかして素敵さを表してると思うけど、わりと淡々として、自由に感じてくださいって感じだと思う。
しかし、今回のは井上さん目線でポイントを説明してくれてる感じで、入りやすいようにしてあります。漫画家さんだから盛り上げかたもうまいし!

細かいのが好き

設計図とか建物の写真とかみてると、「こういう画家っているよね」と思う。(なにその例え;)
細部までこだわって、全部やらないと嫌っていうか、ヤリたいみたいなの。
若冲みると、鳥とか犬猫が好きなんですね!!って思う感じと似てる)
しかも細かいとか凄く変わってる、他で見ないようなのを作ろうとしている。
建物もだけど、中の家具とかもそう、ドアの取手も凄くこだわってる。
あんなにも世界遺産を沢山残してるなんて、同じ人間なんだろうか。


井上雄彦って

もはや漫画家って肩書きでおさまるヒトなのかどうなのか不明(笑)
翼くんがボールと友達なら、彼は墨と紙と友達なんだと思う。
そのぐらい特性を楽しんで描いていると思う。そして遊び心もあるからキャッチー。
なのに心にグサっと刺さるところが好きです。
リアルも好きなんで早く続きでないかなぁ!

和紙について

越前和紙とコラボしているそうです。
井上さんの絵はほとんど和紙に描かれていました。壁みたいなでっかいところも、コンパクトなサイズのも。
じわーっと墨が染みてる感じとか生き物というか、止まってるけど動きそうな雰囲気でてて、合ってると思いました。
井上雄彦の好みかと思ってたけど、ガウディの意志ともつながるところがあった。
見てからだと、前売り券の特別バージョン欲しくなります(笑)
とても素敵だった。

今日は当日券で入りましたけど、巡回で仙台来るので、買えるんなら買いたい。

REAL 14 (ヤングジャンプコミックス)

REAL 14 (ヤングジャンプコミックス)