読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

LUCY(人間の脳を100%解放するには)

リュック・ベッソンの映画です。

まずスカーレット・ヨハンソン

主人公のルーシーです。
この人すごい好きな顔してるんですが、映画の度に「この人」で終わっていました。
スカーレットさんね。

ストーリー

脳を100%動かしたらどうなるのか。
主人公ルーシーは、知り合ったばかりの男性に騙されて、薬の運び屋の仕事をさせられる。
成長ホルモン的なものを合成したその薬を、不運にも大量接種することで脳が解放され、超能力を得る。
脳がどんどん使われ自分をコントロールし、他人や電波も操れるようになる。
100%の領域とは一体。。。
そして、限界を越えた体はどうなってしまうのか。

みたかった映画

だったのですが、そんなでもありませんかねー。
もっと身体能力の開花に重点を置いているかと思ったけど、説明時間も必要なので、ちょっと散漫な部分も。
カーチェイスとかもっとやっちまえば良かったのに(笑)
最後の方はアキラ風でした。

モーガン・フリーマンが無駄にかっこいい所がよかったな。

思い出すサイコ

ルーシーって何なのさと思ってましたが、最初の猿人(女)はルーシーなのね。
なんか、そういう意味があったのかーとか思いました。
最近読んでないけど、終わる見込みは出てきたかなぁ。。。?