読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

ロボコップ(新しいロボコップは黒くてカッコいい!?)

ロボコップ、観ました!
大したことないとか聴いてたんだけど、予告を見てカッコいいかも!と思っていたので、WOWOWにて。

カッコよくなった?

予告とかパッケージに有るように、昔のままのシルバータイプと新しいブラックの形が有ります。
「ロボット=ゴツい」と言うところから、機能性を高めて「強くて動けるロボット」に進化してます。
旧作の詳細は覚えてないけど、「国民が求めているヒーロー像」に近づける為に、アップデートされます。
だから新作にも皆が知ってるロボコップもちゃんと登場します!

アメリカのヒーローの悲劇

必ずヒーローには悲しい背景がありますね。
ロボコップでは、幸せな警官が事件に巻き込まれ、体の大部分をロボットで補い、ロボット的なところと人間的なところの狭間で苦悩します。

ハリウッドセレブもそうだけど、事件がありそこから立ち上がる根性とか頑張りみたいなの好きだよね。

薬物依存症→更正施設→復帰する。
アメリカって話題性以上に応援する気持ちで見ている人が多いイメージ。

ミュータント→能力暴走→人間になりたい→人間を救う。
似てる気がする。

私は悲劇の部分に同情して泣いたりするのが好きです。
感情の起伏が愉しいです。
なので、「オチがアメリカンだなー」と思う作品はその辺にギャップがあると思います。
だから、もっと可哀想なところが
描かれていても良かったかなー。

動けるロボットってのは

肉弾戦みたいなシーンは多くないけど、動けるアピールあります(笑)
銃で撃つのが速いっていうのがロボコップの凄さなので。

最近の映画はCGもすごいし、見慣れている部分は有るかもしれない。
トランスフォーマーとかは、トランスフォームする場面も凄いし、戦闘シーンも重厚で「カッケー!」と見てしまいます。

そういう路線ではないですね。(さすがにそれはない)

むしろ敵の監視ロボットが速くて強くて怖い(笑)
カッコいいのはロボコップの視野。
スコープがついたり、相手の状態を読み取るところ。
グラフとか数値がピロローって感じで映るのがロボっぽい。

旧作のイメージは大切に

みんな、ロボコップってどれぐらい知ってるんだろう?
物まねのコロッケさんがやってるイメージは強いけど、映画自体はどう?
私は、兄とかと観ていた気がするけど、かなり小さい時に観たような気がします。(だから理解して見てたのではないと思う)
ラストを観ると、「ああ、ヒーローはこうでなくっちゃ!」という感じになります。
押し付けがましい正義も、こじつけみたいなオチもないし、なかなか良いですね。