雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

まほうのレシピシーズン2-2(終わったと思ってたけど続編!)

まほうのレシピの続編でましたー!

疲れた時にはお勧め

子供用のドラマなんですけど好きです(笑)
魔法のスパイスを使って料理する、女の子3人組はレシピブックを"守る者"。
魔法を悪用したりする人間があらわれるけど、一見分からないので本当の敵は誰だ!?というところのストーリーです。

前のシリーズでは悪者だった人とかが改心して仲間になったりしてるし、秘密を共有する仲間が他にも居たりして、心をくすぐる設定が沢山あります!

子供っぽいかもしれないけど、子供の頃から好きな設定が詰まってる感じです。
こう言う可愛さって好きなんです。
ぶりっ事かは苦手なんで。。。

女の子達がシリーズを通してだんだん大きくなって、多分中学生位なのではないでしょうか。
最初は小学生中学年位ですかね?
大人の世界というか、社会みたいなものを理解しつつ、バレないように言い分けするとか段々賢くなってて思春期っぽくて良いです。
恋愛みたいなのは、あんまりないのでそれも見やすいところかなと。


仕事終わって帰って時間あるときに観てると癒されました。
良かったら。

sukekiyo iTunes配信はじめるってよ(ファンのオススメ曲)

はい、ついに、iTunes配信開始!
今までは濃厚なファンのためのディスク通販でしたが、誰でも1曲ずつ買える配信が始まりました!!

ファンでも「最近知った!」とかいう人にとっては、買いやすいのではないでしょうか!

どれから聴いたら良いのか分からない

そんなあなたを、恋の落とし穴に、いや沼に落としたい(笑)
私がダントツで好きな曲を紹介します。
試聴も出来るので是非ー!

ゼファ

キャッチー。サビがかっこいい。
ファンが「ライヴでやんないかなぁ」ってよく出てくる曲だと思う。
"夕陽を殺す花火"てフレーズが凄く好き!!

zephyr

zephyr

純朴、無垢であろうが

ADORATIO(アドラティオ)に入ってる曲。
曲の始まりがピアノで凄く綺麗。
でも途中ビーストモードを展開するので不思議なつくりだけど癖になる曲。

純朴、無垢であろうが

純朴、無垢であろうが

  • sukekiyo
  • ロック
  • ¥250

耳ゾゾ

これもADORATIOから。
歌モノって感じで。
"あんたの為に生きてるんじゃねえ"が好き。

耳ゾゾ

耳ゾゾ

  • sukekiyo
  • ロック
  • ¥250

白濁(はくだく)

"見上げる瞳は貴方のモノ"最高。
綺麗な曲なんですよ!!
ADORATIO買った頃、凄くハマってワンリピートで聴きまくった曲です。

白濁

白濁

  • sukekiyo
  • ロック

斑人間(まだらにんげん)

楽器の変態性を感じる曲です。
ベースがとにかくカッコよくて、ライヴではもっと進化しててアップライトベースカッコよかったな。。。
高い声とナチュラルな声が行ったり来たりするのがキュンとします(変態)

斑人間

斑人間

anima(あにま)

通販で買えないとか限定などの事情があって今買えない音源がいくつかあります。
それがiTunesではそれぞれ買えるので、バージョン違いみたいなのは有るようですが、音源揃えたい私にとって嬉しいです。

anima

anima

  • sukekiyo
  • ロック
  • ¥250
Anima (Edit Ver.)

Anima (Edit Ver.)

12時20分金輪際

12時20分金輪際

  • sukekiyo
  • ロック
  • ¥250
304号室 舌と夜

304号室 舌と夜

  • sukekiyo
  • ロック
  • ¥250

はい。こんな感じです。

いかがだったでしょうか。
DIR EN GREYは好きだけど、聞いたこと無いとかね、MV曲しか観てないとかあると思いますが、京さんが好きだ!とか京さんの声が好きだとか、京さんの作るメロディが好きだとか、そういう方は、sukekiyoでは色濃いと思いますので、ぜひ聴いてみていただきたいと思います!

そして、ピアノの音が入ってくるバンドってそんなに多くないと思うんですが、そこのとこもポイントだと思います。
色んな音がします。
V系というカテゴリーには入ると思いますが、曲的にそういうイメージだけに留まらないと思います。

語ると長くなる!(笑)
またねー!

sukekiyo 嬲り地獄 ハロウィン殺し深闇の儀 2018.01.27-28@渋谷duo MUSIC EXCHANGE(弾丸遠征。悪いごはいねがー!)

夜遊び未亡人達と魑魅魍魎の集いに行って来ました(笑)

ドレスコードが仮装のライヴでした。
ぼっちで参列するのに仮装は勇気が必要でした。。。
ほんと、ライヴ行きたいだけでチケットとるんじゃねーよの私です。
もう、真摯に受け止めます。ごめんなさい。

寒波とな!

ちょうど寒波の影響で、東京にも積雪が。。。3日前ぐらいに大雪だったんですよね。
東北の民ですが、寒かったわ。
寒いもんは寒いですね。

雪が降った日にライヴ、とかじゃなくて助かりました。

23時頃集合

一応付近のロッカー事情など確認。
会場近くにロッカーが結構あって余裕で入れられたし、一番小さい普通のロッカーが200円でお安かった!
会場のクロークもありましたが、クロークってどこでもそうだと思うけど、出すときに長蛇の列で今時期待ってるとき寒いし、出来るなら少し歩いてもロッカーの方がオススメです。

今回は夜中の開演でしたので身分証(成人の証)が必要でした。
チケットと免許証を持って会場付近に待機。

普段よりチェックが多いので入場には少し時間がかかったような。

出番について

DJタイム→sukekiyo→DJタイムでした。
この長丁場で何が不安てトイレです(笑)
でも水分取らないで倒れたりしたくなかったので水のんでました。
お酒も有ったんだけどな。。。結果、飲みませんでしたね!
指定席とかなら逆に飲んだかなあ??

開演は0時半からで、終わりは予定より30分長くなり4時半まで。
DJタイムは各1時間、予定通りだった気がします。

本番でーす!

なんかドキドキと昼間の観光の疲れがあいまって、夢の中のようなふわふわ感でした。
曲数が多くて、新曲2曲ともやって、ゼファもやったし、レザーフィールドも、斑人間も、、、!

マニエリスムな冷たい葬列者」のモニター映像は京さん映ると思ってたら、一番近いところには映らなくて、マジ騙された(笑)
毎回同じとは限らない件!!
見えやすい高い位置のモニターには映らず、上手(逆サイド)の低い位置のにだけ映ってました。
まじで、セッティングのミスかと思うぐらいウソだろって思った。。!


そういえば「艷」位で具合悪くなった人が居たので、近くの人がスタッフ呼んでたんだけど、案外近くにスタッフ居なかったんですよ。
思えば、他だとステージと柵の間に人が立ってたりしますけど、スケ様ではあまり見かけません。
押しとか少ないので、危険が少ないからかな??
しばらくして、スタッフに肩を貸してもらってその人は外へ行きました。

押しある方が、ある種、他人の力で支えられているから、ヘドバンとかしても平気だなと私は思います。
押しが無いと暑くないし楽なんだけど、くらっと来たりするから、朝礼みたいに急に倒れたりするのかな。貧血かな。

少し動く方が立っていられるなと思います。

私自身は仙台と2週連続だったので、どこか慣れみたいなものもあり、結構自由に頭を振っていました。
くらくらしたけど、楽しかった!
でも腰がスーパー痛くなりました。オフィスレディの体力よ!!


YUCHIくん&匠さんは激しい時に「おりゃー!」って感じではげしいので一緒に乗っていくスタイルでした。
UTAさんはなんか手をヒラヒラ〜ってやるのがカッコいい。
なにか降臨してますよね。
未架さんは、少ししか見えなかったけど、ドラムの音は凄く好きだってわかった!

そして京さん。
白い衣装でハーネスみたいな例のバンドを着けてました。
最初は白衣着てたかな?少し血痕があったので、ゾンビ解体してきたのかもしれません。
白いパンツがさ、可愛かったyo。
髪は金髪ショートカットで前髪が少し立ってる(年賀状の髪型と似てる)のでした。

なんとなく仙台の時のノリノリの雰囲気とはちょっと違ってたと思います。
京さんは上手にあんまり来なかったなー。
寂しいなあー、とかちょっと思いました。
いや下手を結構構いに行ってたので。
DJブースとかもあったしそっちが広かったりしたのかな。

良いなあ!羨ましいな!と思いました。

そして私は思った。

夢なんじゃないかなって。
ファンの人達も仮装で現実味ないし、人形みたいに可愛い子いるし、性別不明なとにかく美しいひとも居たし、逆にファンとは思えない(?)一般人的な美しい人も居たし!

いつもの雰囲気とも違っていて、自分はどこにいるのかと思うくらいでした。
夜中にラヴレター書くとダメだとか言いますけど、そういうハイな脳ミソに成ってたと思います。

追記。

ライヴの最後には必ず「おやすみ」を言って終了となります。
この日は「おはよう」だった!!
歌いきった少しかすれた声で「おはよう」!!

もう、みんな、「きゃー!!」って声を押し殺してましたよ。

早朝ですからね。
でもさ、あれだよね。
なんか、
ふふふ!
脳ミソ沸騰。

サプライズ!

さすがにアンコールは無かったです。
曲が多かったし満足でしたけどね。
後半DJタイム、まあノリつつも「スケ様でて来ないかなぁ」と皆思ってたと思います。

そんなとき、まさかの、2階で記念撮影するメンバー発見(笑)
5人ともいらっしゃり、ドリンクもちながら乾杯したりして軽く打ち上がってました。
DJタイムだったのでノリノリで踊りだす京さん&YUCHIくん!!

2階にはお客さんは居ず、すべて関係者席になっていました。
そもそも2階にはそんなに人が居なかったので、メンバーも自由で。

2階端から端まで動いて皆をあおりイエーイみたいな感じ。
会場と自分達を撮影したりしながら戯れタイムでした。

ある意味、これは最高でした!
だって、あんな感じ無いもん。
可愛いし!可愛いし!!
しかも京さんが一番見える所に良く居たし、時間も結構長かったと思います。

歌い終わったらサラッとステージを降りて行くことも多い京さんが、あんなにウェーイな、イエーイな。
いや楽しいの好きな方だと思います、サービス精神も本当に旺盛だと思います。
京オンライン限定のライヴだったこともあると思いますが、いいもん見させたもらいました。

帰って行く私

電車で東京駅→新幹線でした。
移動中、オールナイトの眠気マックスでなんども居眠り。
乗り過ごしたらアウトなので新幹線に乗るまでは本当に辛かった!

しかし終わるのが30分延びたために始発とか動き出して色々都合が良く助かりました。
宿泊せず弾丸でしたが、なかなか良い旅行ができました。
帰ってからは興奮して元気になって、家事など色々やったのでした。
「首吊り遊具」のリフレインが止まらなかったです。凄く好きなんだけどライヴで更に高まった曲です!

元気をチャージできました。
でも、終わっちゃって寂しい。
ちょっと泣きたいぐらい寂しい!!!

IMMORTALIS

IMMORTALIS

PERSUASIO // 2015.2.28 sukekiyo 2015 live 「The Unified Field」 -VITIUM- sukekiyo [Blu-ray]

PERSUASIO // 2015.2.28 sukekiyo 2015 live 「The Unified Field」 -VITIUM- sukekiyo [Blu-ray]

TRIBUTE OF MUCC -縁[en]-

TRIBUTE OF MUCC -縁[en]-

ONENESS M(通常盤)

ONENESS M(通常盤)

ROCK AND READ 072

ROCK AND READ 072

コアチョコのパーカー欲しいな。

sukekiyo 嬲り地獄2018.1.20仙台Rensa(ライヴレポって言うか思い出に)

はい!
行ってきましたよ!

オフィシャルにセットリストがupされるんだけど、アンコールは書かれないんだね。
今さら知りました。

思い出しの儀

すぐ忘れる人間なので思い出せるように、あと順番だと思い出せそうなので、セトリ順、いきます!


そのまえに、状態からもうしますと、上手寄り(匠さん位の位置)で、前から6人目位でしょうか。
センターも上手の匠さんユチくん、モニターなど見えやすくなかなか良い位置。
あと途中に京さんがユチくんの所に立つハズなので。
DIRでもスタンディングなら、だいたいそのような位置で見てまして、癖的なモノだと思いますが京さん、その辺に立ったり見たりするので、良い位置だと個人的に好んでおります。
でも未架さん見えなかったー!!

本番でーす!

一曲目は「黝いヒステリア」
サビの「あーおぐーろくにじむその手首から 解く縄」ところ、手扇したくなっちまうんだよね。
近いところに手を振ったりするタイプの人が少しいたのでつい手をあげてしまったが、なんか違う空気だったので手は下げました。

この曲、激しいと美しいが混ざってて、「愛してる」ってフレーズもあるし精神的になかなかぶっ壊れな感じで好きです。
スタートだったので嬉しすぎて涙でした。


二、「グニャ結論、そして血眼」
ヴァーイターリティー!
これはヘドバン。
頭振る人が視界に何人か居たから、こりゃ良いわと私も乗っかってました。


三、「襞謌」
尖る舌!
セクシービーム。
この曲では無かったかもしれないが、舌的なフレーズの時に京さんシールド(マイクのコード)からマイクへと舐めてて、「苦そう!」と勝手に思いましたとさ。

指とかにしといて。。。


四、「hidden one」
クローゼット!チャーイルド!ですね。
サビ前(?)の"暗い怖い未来を照らす掛け替えのない"が凄く好き。
なんかイカレ女がニヤニヤしてるような、そういうキャラが時々降臨してたような。


五、「マニエリスムな冷たい葬列者」
これは、ニコ生でもありましたけど、ステージのセンターにある京さん用機材にあるカメラに映りながら歌うやつで、ステージ脇とかにあるテレビモニター(しかも貞子が出てくるような旧式の)に映るんですよ。
知っていたこともあり、モニターも見える位置に居たので堪能出来ました。


六、新曲kisses
新曲は最近のツアーで2曲有るようなので、どちらかはやるだろうと思って(願って)いました。
曲中は情報が過多で!京さんの動き見てると歌詩が分からなくなったり、動けるような曲だった気がしたけど、少し冷静に聞いて後からも思い出したい!と思っていたのに、結果、覚えてません!
歌モノ系という感じだったような気がします。哀愁ある感じの終わり方だった気がするなぁ。
新しい曲は聴くのが精一杯になります!


七、「zephyr」
これは、私の中ではsukekiyoランキング上位で好きです。
歌モノがやっぱり好きで、口ずさめるようなところが身近というか馴染むのかな。

"夕日を殺す花火"のところで天を指差す仕草をしてて、なんかグッと来た。
凄い泣いたわ(笑)
隣の人とかあまり見てないけどさ、みんな見てるのかしら?
そんなに?!って思うかもね、ははは。
好きな曲で、大いに泣くのもsukekiyoの雰囲気かと思います。


八、「首吊り遊具」
この曲、アップテンポですけど、泣いてたので乗り遅れ気味でした。
この曲の京さんは可愛い!
踊るような、シャラランで。
なんつーの、シャンソン歌手(?)が話すような歌うような感じでステージやったりするイメージがあるんだけど、あれと少し似てるかな??
全く別物なんだけど何だかそう思う。

"目覚めは最悪 いつもの事なんだもん"のところ、頭グシャグシャしてた。

"ぱっくり断面地獄が回りだす"で腕を回しててあれ良かった!
ニコ生の回でもやってた!

マダラニンゲンのワンピースでした!

"ごめーんなさーい"で首を傾げていましたよ、めっちゃ可愛い!めっちゃ可愛い!!
めっちゃの上ってなに?
最上級に!悪いブリっ子だったわぁ!

最後のギューンって変わるところもヘドバンでした。
クソかっこいい。
ベースとかドラムがドシドシしてると胸が高鳴るよね!


九、「されど道連れ」
野を駆ける死人のようってところで28日後とかの、ゾンビが猛ダッシュで追いかけてくるの思い出す私です。


九.五、セッション
京さんとYUCHIくんが場所換わって、DJぽくなるやつです(1回目の時のはず)。
京さんが楽器を掻き鳴らす的なの、目の前でみれると思ってましたか?
噂は聞いてましたけど、DIRの時には考えられない。
しかも私、上手寄り、目の前。
ステージ高いので見やすい、最高!!


十、「12時20分金輪際」
これは凄い色っぽい京さんのイメージが強い曲です。
しかも毒っぽいというか。
でも"赤い糸を小指に結んで"とかさ、なんか、切ない。
"可愛いリボンね"が"可愛いもんね"に聞こえる私。
あー、あの子好きなんだ、あの子可愛いもんねー、みたいな。
この失恋してるみたいな、でも関係続いてるみたいな歌詩がよくあるのだけど、割りと京さん笑うんですよね。
ニタァって感じのやつでちょー怖い。
京さんの微笑みは世界を救うのに、あれは闇の世界です。


十一、「純朴、無垢であろうが」
入りのピアノとギターが最高にキュンとする!
この純朴部分の美しさよ!

しかしこの曲は途中から転換がありDJモードに変わり、私はヘドバン。

なんの音なのか分かんない音もよくあるんだけど、DJ的なドンドンとドラムのドコドコとかベースなのか低いギターなのかとか、知識がなくて言い表せませんけど、カッコいいんです。

メンバーも激しく暴れててのっちゃいます!
この曲だと思いますけど、京さんが頭を指差して口パクで"アタマ振れ"的なの言ってました。
ワーイ!煽り!


十二、「斑人間」
これは暴れ曲よね。
最初のベースのフレーズ、ユチくんがセンター出て弾いて。
京さんが千手観音して、逆光でカッコ良かった。
センターに京さん以外が立つのってドキドキするんだけど、ユチくんと京さん、、、というか、バンド全体良い雰囲気なのだなあと感じれる瞬間でもありました。


十三、「死霊のアリアナ」
民族感!
カッコいい曲で、暴れたくなる曲です。
これのときユチくんが、機材をシバキたおす姿が荒々しくて好きです。
そういえば、匠さんとYUCHIくんが絡んでたときあったけど、仲良しだなって。

あと匠さんがギターでステージの前方に立って弾くの、京さんが「きたー!ってなる」っていってた気がするんだけど、確かに!って思った。
凄い雰囲気違うんだもの、あれはカチカチ君ではない(笑)


十四、「Vandal」
Vandalでは指でカウントダウンして3!2!1!でヘドバン始まったのもあったね。
ご所望とあらば!
あれ気持ち良かったな。。
地蔵だった人も前方のベレー帽の人も帽子脱いで頭振ってたし、急に変わって面白かった。


十五、「anima」
今までの流れを変えるように、京さんは両手で顔を隠してスタート。
女が憑依してました。
ドラムとピアノが凄くカッコよいのよね。
メロディーすごくキレイで切ないのよ。

インザレーイン、インザレーイン。


十五、五セッション
これ、その場にいたら新曲なのかと思いました。
なんか、ポツンポツンと詩があって、あまり長くなくて、DIRのand Zeroみたいなインストに少し歌を乗せたような雰囲気だったような。

見とれてたら終わりました(笑)

十六「嬲り」
嬲り地獄の「嬲り」でございます。
"また今夜も楽しもう"
こう言うフレーズのとき、しきりに観客に手を伸ばして訴えかけるように歌ってましたね。

ホントに観客皆を見るようでした。
多分全員が「目があったわ!」「こっちを見て歌ってたわ!」って思うぐらいなんじゃないかな。

この曲で本編終わりでした。
京さんが「おやすみ」を言ってメンバーは捌けました。

終わりの方は畳み掛けるようで意外と激しい流れで、暴れた人(ヘドバンで押しはなかった)も多かったと思います。
sukekiyoはメンバーコールも基本無く、観客はしゃべるのNG。
だから拍手でアンコール。


十七アンコール、「leather field」
匠さんの誕生日が2日後だということで、まず京さんが出てきてくれました。
(誕生日とかないとアンコールは無いです)
明後日誕生日なんだってー、という事でメンバーは再度ステージに登場。

匠さんがお花ありがとうとか、皆でおめでとうを言って。
楽しかったー!

京さんから曲は匠さんが決めてということで、決まりました。

アンコール中は皆ステージに押し寄せて、キャーキャーいって、メンバーコールも好きにわいわい言ってました。
自由。

曲中は激しさもあり、頭振ったり、拳あげたり、歌ったり。
長い髪を下ろしていたので邪魔くさかった。。。

最後に

sukekiyoでこんなに暴れると思わなかった。
落ち着いて観たい人も勿論入ると思うんだけど、頭振ったり手を挙げたりするのがとても自然にやってしまうので、前回の落下す月面の時は結構頑張って地蔵してたんです。
だからある程度動いている人もいる空気は嬉しかったです。

だって楽器隊激しいとかカッコいいとか凄くいい感じなんだもの!
血が騒ぐと言いますか。

メンバーコールは何かちょっと違和感があるんだよねー。
急にDIR感出てくる気がするのかな??

誕生日の人を呼ぶのは良いんだけど。
スケキヨー!って叫びたいかな。


あー!
京さんが私を見て微笑んだわー☆
匠さんのシンセ(?)のキーを押すときのすぅっとした指使い好き、そして歯ギター!

いいもん観ました。

VITIUM

VITIUM

IMMORTALIS

IMMORTALIS

新しいワタシの見つけ方(JKが馬の世話をして心が変身する!)

スター・チャンネル3(吹替専用チャンネル)を見ておりました。
いつもは好きなの録画してるんですけど、たまにつけてると色々放送してて面白いです。
普段字幕ばかりなので吹替も新鮮でした。

あらすじ

友達グループの中でも少しおとなしめの主人公。
友達と夜に忍び込んだ場所で見つかり自分だけ、罰でボランティア活動することになった。
ボランティアは牧場で馬の世話。
可哀想な馬を買取り世話している場所だった。
最初は嫌々だったが徐々に馬と心を通わせるあったかストーリーです。

この時ちょっと別の事してて

何かしながらテレビつけてる人間です。
この時は年末に大掃除しないまま帰省したので、年始に家に戻ってからゆっくり掃除してました。

小物のホコリを拭いたりしてたので、観つつ聞きつつでした。
吹替だとながら作業できて良いですー。
ぐうたらー。

感想は

ストーリー的には大体予想のつくストーリーでしたが、主人公の真剣さとか、友達との関係を変えたりして大人になっていくのが面白くて最後まで見ました。

それまで興味のなかったことに熱心に取り組むって、勇気がいることだと思うんだよね。
元々熱心にやってた人達の反感というか「どうせすぐやめるんでしょ」みたいな言葉とか、凄く嫌なものです。
そこから純粋にやってみる、頑張るってのは凄いなと思います。
そして自分が頑張るだけでは駄目な、相手の居る乗馬をやるわけです。

馬は人間と違って言っても分からないけど、心を見透かすとかそういう本能的なところが凄いと聞きます。
真剣さがなければ駄目なんだろうなと想像します。

人間は純粋さとか、忘れちゃダメだね。

ミス・ペリグリンと奇妙なこどもたち(ティム・バートンだよ!)

めっちゃ好き。
めっちゃタイプ!

ストーリー

奇妙な能力を持った子供たちとそれを守るミス・ペリグリン。
主人公の祖父が話していたその人達の事を調べていたら実際に出会い彼らのタイムループの中へ。
彼等は安全な場所で暮らすため同じ時間を繰り返しているけど、それを脅かす存在が現れ、協力することに。
しかし、主人公も現実に帰らないといけない、どうすれば!というストーリーです。

ティム・バートンらしい

特徴って、話が暗い。
割りと残酷めに人が死ぬ。
それがわりとあっけらかんとしている。
そういうイメージです。

あと、建物や衣装や化け物などのデザインがやっぱり凄くツボです。
鉛の靴もカワイイ。
イチイチ、ツボです。
主人公の不健康な雰囲気も好きです。


アリス等のような派手な装飾はないですけれど、ちょっとした物が可愛いんですよね。
部屋のオブジェとか、ガスマスクとか。
縫いぐるみを取り合って双子がケンカするので縫いぐるみを半分に割るとか、そういう発想が好きです。

奇妙とはいったけどもラブストーリー

この点については、ホントに甘酸っぱい初恋を見守る気持ちでした。
ほのかな、あわいヤツ!
思えば恋とかの作品は、結構ありますね。

シザーハンズとか凄く好き。
触れないみたいな!!

ナイトメアのジャックとサリーとかさ。

たまにそういうのを観ると、面白いです。
普段観ないので。
そんな上手い美談がありますかと、疑ってかかるんだけど、やってのけたりする、そういう若さとか純粋さに時々ノックアウトされた方が、心を入れ替えられます(笑)


キング・オブ・エジプト(古代エジプトの神様と人間のはなし!)

なんか、ターセムイモータルズと300(スリーハンドレット)を足して、トランスフォーマーみたいな超合金的なエッセンスが水滴落として科学実験したような映画です。

エジプトの神話みたいな

平和な世を繁栄させたオシリス
息子ホルスの戴冠式で、オシリスの弟セトが反逆者となりオシリスを倒し、ホルスの両目(力)を奪って封印。

人間であるベックはホルスの目を盗んでエライ事になったがホルスが国を取り戻すのに協力するはなしです。


舞台は古代エジプトの神話の感じです。
オシリスとかホルスとかセトとか、聞いたことある神様が沢山登場します。

神様はでかくて、死なない、変身できる!
民は人で奴隷みたいな労働者(ふつうに人間)。

神話とかって映画とかにするとめっちゃSFの良い感じの楽しさありますよね。
そういう意味で宗教的なストーリーは好きですよ。
美術とかも全力で装飾されている建物や彫刻など有りますしね。

評判はそんなでもないみたい

大作風なんですが、B級作品の棚にありそうな雰囲気がどこかあります。
それに売れてたら名前ぐらい知ってそうだったんだけど知らなくて。
B級好きの(同類)知り合いにキャッチコピーが「神様が大暴れ」みたいなんで面白そうだったよ、と教えてもらって知ったんです。
(それは面白そうだとおもってたんだけど、何かそーゆーんじゃなかったかも。)


なにがそんなに評判悪かったのかといえば。
キャストだそうですよ!
エジプトなのに人種が違うくないか?ということらしいです。

確かにエジプトの人達のイメージは、日に焼けたような褐色の肌とか黒い髪の毛のイメージがあります。(暑い国だしね)
キャストはいわゆる白色の人が多かったので、なんか「ギリシャ神話の作品だよ」って言われたらへー!ってなるような見た目でした。
なので白人ばっかりで差別なんじゃないか的な批判が有ったようです。
アメリカの最近の作品は色んな人(性別、人種)をキャストに混ぜるのが風潮のようなので、余計に浮いてるのかな。


そりゃあ、そうだよね。
例えば日本の神話の話に別の国の人とか肌の色とかの人がいっぱい出でてたら、えーっ;ってなるよね。


そして、ストーリーについて。
元々の神話とは変えている部分ももちろんあるのですけど、人間が居る意味はなんなのかよく分かりませんでした。
別に神で良いじゃん?
アドベンチャーの雰囲気も強いんで、そういうのを描きたかったんだろうと思いました。

色々書いたけど注目すべき点

ジェラルド・バトラーです!
「300」等好きなのですけど、戦う姿の力強さが好きです。
敵を足蹴にして突き落とすような!
そういう姿が見たいわけです!
やっぱり王とか似合う。
今回はクーデターを起こす王の弟、セト神でした。