雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

TRICKトリック(懐かしい名作ドラマ一気見!にゃあ!)

記事をずっと下書きにしててタイミングを失いました。
大分時間が経ったので落ち着きどころが行方不明です。。。


第1話

第1話

トリックがついにAmazonプライム登場。
全部一気見できまっせ!

あらすじ

売れないマジシャンの山田(仲間由紀恵)と超能力を否定する物理学者の上田(阿部寛)がインチキ超能力者の裏(トリック)を暴くみたいなストーリー。
面白おかしい場面が多いですが、たまに凄く深刻なのが出て来て、どうなる!?ってなります。

1を見返したところ

金田一少年の事件簿」のドラマの雰囲気をたまに感じますが、監督の堤幸彦さんが両方担当なので納得です。

ケイゾク、トリック、スペックは、たまに裏で設定が繋がってたりするので面白いですよ。


エンディングは鬼束ちひろさんの「月光」!

月光

月光


放送当時は、深夜とかの放送だったかで、あまり知りませんでした。
気づいたらコレを好きな人が周りに結構いて人気を知りましたが、後に色々好きになったのでこの度一気見出来て楽しいです!


時代を感じますよね。
ちょっとブラックな表情なども含め、良い時代だなと。


どうでも良いけど、「レッドライト」って映画があるんだけど、超能力が本当にあるかどうか検証する科学者と助手が主人公で、凄いエスパーみたいなおじさんを取材するのね。
で、そのおじさんはトリックがある人でどうやってしっぽ捕まえようかみたいな感じなんだけど、おじさんが「超能力は本当にあるよ」というの、自分がそうかどうかじゃなくて本当にあるよ、と。
研究者は確かに説明のつかない場面に出会ってるんだけど、それは実は、助手がエスパーで自分でも分からずにやってしまってた事だったて、話なんだけど(あらネタバレか??)、それと近い感じがすごく好き。

実は本人が一番能力者みたいな話、凄く好き。
あ、長く書いたけど言いたかったのはこれだわ。


シーズン2以降は未だ観てないけど、見たいなぁ。。

第1話

第1話

ATARU Blu-ray BOX  ディレクターズカット

ATARU Blu-ray BOX ディレクターズカット

時効警察DVD-BOX

時効警察DVD-BOX

今夜、ロマンス劇場で(青年が憧れの映画女優と恋するよ!)

今夜、ロマンス劇場で

今夜、ロマンス劇場で

劇場でCMみて、観たいなとは思ってた映画です。

あらすじ

昔のモノクロの映画を引っ張り出してきてハマった主人公の青年。
ある時お気に入りの映画フィルムが売られてしまうことを知る。
もう大好きな映画のお姫様を観ることが出来ないのかと悲しんでいたところに、なぜだかお姫様がスクリーンから飛び出してきた!
色のある世界に喜ぶお姫様。
青年はお姫様と一緒に過ごそうとするが実は色んな問題があって。。。というおとぎ話的なラブストーリーです。

感想

分かりやすいラブストーリーが観たかったのです。
恋敵がどうのこうのじゃなくて、純粋に恋するみたいなの。
これはホントにぴったりでした。

純粋な人の気持ちとかそういうのを観たくなる時が、ありますよ。
恋愛ってことだけじゃなく、人間としてね。

綾瀬はるかは可愛い

お姫様役の綾瀬さんがめっちゃ可愛い。
力強くてカッコよくて、気にくわない事をされると男性を叩いたりするようなお転婆な感じです。

青年が居る時代が昭和っぽいというか(もっと前なのかな??)そんな感じで小物も色々美しいのです。
日傘みたいなのの持ち手が竹だったり、部屋にいても部屋着とかじゃなくちゃんとしたワンピースでヘッドドレスみたいなのを着けてて、風流で優雅です。
ボールペンも油性の細いペンでキャップも子供の頃あんなのあったな!と懐かしかった。

ヘップバーンに憧れるのを日本でやったらこんな感じなのかと思います。

北村一輝は映画スター

人気の映画俳優として登場しますが、ちょっと自惚れてて発想が斜め上(笑)
もう、ホントに彼は彼しかいない!
凄い好き!
たまに本当に優しくて良い人でグラッときます。

主人公の坂口健太郎

「人が良さそう」っていうエキスを丸めて人間つくったら、彼が出来上がるんだろうなとおもうような人物ですね(悪口ではない)。
草食系なところがヒロインとの対比で良かったのではないでしょうか。

最後に

最後のところは泣きましたね。
おとぎ話的なところが、ちょっと現実味のあるかんじで。
こういう話好きです。

ではまた。

今夜、ロマンス劇場で

今夜、ロマンス劇場で

甲の回 魔弾の射手

甲の回 魔弾の射手

海街diary

海街diary

プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ

映画「ICHI」

映画「ICHI」

DIR EN GREY 余韻雑談(違うアルバムを聴いてみる)

お元気ですか、私は元気です。
仕事でミスってもドンマイです。

UROBOROS(完全生産限定盤)(DVD付)

UROBOROS(完全生産限定盤)(DVD付)

UROBOROS[Remastered&Expanded]

UROBOROS[Remastered&Expanded]


さて、ライヴの余韻でUROBOROSを聴いていたところです。
最初に発売された物とリマスター版があるのですが、中身はほとんど同じとか思わないで(笑)


完全生産限定の方に「DOZING GREEN」のBefore Construction Ver.(発売前の形態)てのがありましてそれがイイ!
詩も曲の盛り上がりかたもなんか違っています。

確かにシングルになったバージョンは美しいさと怪しさがあって良いんだけど、Before〜はなんか勢いがあってディル節って感じですかね。

当初は「Before〜このままでも全然イケてるじゃん」と思いましたけど、やっぱりシングル版にはバンドのその後の変移の匂いが感じられます。
完成度高いというか。


両方イイ!


DOZING GREEN聴くとセットで聞きたくなるHYDRA-666-。
あの時の雰囲気によく合っていたのでしょうね。
今はまた同じくやっても違うでしょうね。
mode of〜も楽しかったけど「当時と同じ」じゃなくて「現代版」だったわけで、あれはあれですごく楽しかった。


その回、そのツアーを楽しみたいと改めて思います。

それでは、また!



DOZING GREEN(初回生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

DOZING GREEN(初回生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

あ、すごい今さらだけどもジャケット山本タカトさんだった忘れてた!!!
なんか緑つながりで「DIFFERENT SENSE」のジャケット思い浮かべてた〜。
山本タカトさんは昔大好きで画集を集めたりしたのです、大好き。

DIFFERENT SENSE(初回生産限定盤)(DVD付)

DIFFERENT SENSE(初回生産限定盤)(DVD付)

DIR EN GREY 2019.03.29 東京エレクトロンホール宮城(春の絶縁ツアー、ここが仙台だー!)

どうもダマレヨです。
先日参戦したライヴ、サイコーだった。
お疲れな私が全力で癒されたTIW。


The Insulated World(通常盤)

The Insulated World(通常盤)

DIR EN GREY 2019.03.29 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)
TOUR19 The Insulated World
SET LIST(セットリスト)

01.谿壑の欲
02.Downfall
03.Ash
04.Rubbish Heap
05.人間を被る
06.Revelation of mankind
07.Followers
08.赫
09.Celebrate Empty Howls
10.DOZING GREEN
11.Ranunculus
12.軽蔑と始まり
13.Devote My Life
14.獣慾
15.詩踏み

EN
01.undecided
02.鬼眼-kigan-
03.Values of Madness
04.GRIEF
05.冷血なりせば

※コピペ

会場について

ホールだったのですが、曲の感じは暴れ曲と言いますか、激しめですからライヴハウスの方が良いのかなって気もする。
でも席が決まってる良さもあり、隣と密着していないし動きやすかったです!

エレクトロンホールは座席の並び方が良くてステージがめっちゃ見えやすい。
後ろの方の席でしたが、前のひとの頭で見えないみたいなのは有りませんでした。

音については少しスカっていたような。。。
個人の好みとして、中音が厚い感じが好きなんですよね。
パキッとした感じではあったと思うんですけど(それぞれの音がたってるのが良いみたいですけど)、こんなこと言うのも良くないかもしれませんが、なんかもう少しバーンと行けそうな気がするんですよね。
もっとダイナミックな感じになれそうな感じがするんだけど、そういうんじゃないって事なのかなぁ??
今回はパンクっぽいからそっち寄り?

始めの何曲かはちょっと気になりました。
でもほんとこれは好みの問題だと思う。

アルバム曲たち

新曲たちはリリースされてから短いツアーなどもありプレイされたりしていますが、私にとっては初めてライヴでした。

聞きたい曲ばかりでした!!!
でも何となく今回のツアーの他の地のセトリは深めずに、何やるかは考えずに無で挑みました。


今回一番ファッホー!ってなったのは「赫」です☆
曲調が好みというのもあるんだけど、ステージの照明が真っ赤だし、Die原曲ということで、ロイヤルストレートフラッシュって感じです!(すべてが揃った感)

うまく言葉にできないけど、本当にカッコ良かった。。。
早い曲じゃないししっかり堪能する感じで楽しめました。
とりあえずこの曲だけ後5回くらいやってくれても良いなってぐらい好きです!
CDと凄く変わるとかじゃないと思うんだけどなんですかね、ライヴで聞くと凄く興奮するよね!


「Ranunculas」は好きすぎて何だかアルバム曲ということを忘れがち(笑)。
京さんの歌いかたが力強かったり優しかったりして、結局泣きます。
この曲の次の曲は必ずノリ遅れます。
前奏が長めだと少し良いんですけど。
ラナンキュラスは必ずといって良いほど休憩?セッティング?明けなので、曲が数曲続くんですよね。

今回、次曲はアルバムのリピートと同じ「軽蔑と始まり」で自然と言えば自然なのだけど、ババーンて始まるからびっくりする&切り替えできない(笑)
周りの虜さんもぐずぐずいってました。
良い曲ですよねと勝手に共感していたのでした。

アルバム以外の曲

雰囲気として合うのは色々あるけどどんな感じかとおもってたら「DOZING GREEN」ですってよ。
なんか久々。
歌い終わった後に「お経」始まりそうな気がしてしまうよ!今はやらなくなったけどあれも好きだったな。
「inward scream」が公式的な言い方か。
何が起こるか分からなくてピーンと空気が張りつめててなんか凄かったんだけどな。
UROBOROSはやはり名盤ですな。
マロボンも似合いそうな空気ですけどいかがですか。


「undecided」のこのバージョンなにに集録されてたっけ?
ステージのあれは凄くカッコ良かった。
私が外国人だったら「フォー!!」ってめっちゃ騒いだと思う。
スペシャルだった。

お前らの声聞かしてくれ

掛け合いは少し歌詩が出て来なかったー!!!
メインの歌のところは割りと分かるんだけと、叫び声として入ってるところはあんまり覚えてないのよ。。。
スクリーンにも最近あるようにちょこちょこ歌詩が入ってました。


でも文字が入ってると目が行っちゃうのでそんなに入らなくても良いんじゃないかと思ったり。。。
絵画で言うところの額縁みたいなもので、こだわる所ではあるのだけど雰囲気を作るためのものであって、メインはやはりメンバーだから、と思うのです。


文章で読ませようと思ってる感じはあんまり好きじゃないかな。。。?
歌詩覚えるなら素晴らしい歌詩カード見れば良いし(私も覚えてないところ有るけど)、覚えてなかったとしてそんなところは関係ない部分の凄さもあるのでそれも魅力だと思うのよ。


とても個人的な意見だけど、感覚的にはそんな感じです。はい。

掛け合い楽しいよね。

たばこの煙

京さん最近たばこ吸いますが、ブラックデビルというとても甘いフレーバーがついてるたばこですね。
その匂いが後ろの席まで漂ってました〜。
良い匂いだけど煙が苦手な私。
不思議と喉が変になってしまうのです。
まあ具合悪くなるほどの事は有りませんでした!!

電子タバコに戻らないかなぁ〜。


さて終わりに

TIWはUROBOROSみたいに「UROBOROSもういいって」ぐらいやって欲しい(笑)
UROBOROSは完結させたいとかで何度もツアーがあって武道館もあったし何回か遠征できたのでかなり行った気がします。
飽きたかとおもっても結局行くと楽しいし、曲始まると「よっ!待ってました!」って思ったもんです。


まだまだ新しくてお客さんのノリは固まってない感じが有りましたけど、ステージはグダっともせず。
私としてはスタンディングライヴでギュッとした空間で見たい!
まだツアーも続きますし、楽しみですね!


それではまた!


The Insulated World(通常盤)

The Insulated World(通常盤)

VESTIGE OF SCRATCHES

VESTIGE OF SCRATCHES

▼ウロボ

UROBOROS

UROBOROS

▼マロボン

THE MARROW OF A BONE

THE MARROW OF A BONE

▼undecidedのアコギ版はコレに入ってたらしい。

GLASS SKIN

GLASS SKIN

雑談(DIR EN GREYもうすぐライヴ)

DIR EN GREY 「TOUR19 The Insulated World」
3/29金曜日は、仙台でライヴですね。

The Insulated World(通常盤)

The Insulated World(通常盤)

楽しみです〜。
席は後ろの方なんだけどちゃんと見えるカンジだと良いなあ!!!


仙台当日の予想気温は最高8℃。
なんだけど、夜は寒いです。
他県からいらっしゃる人は、外歩くでしょうから冬コートが良いですよ。
そんなに暖かい日じゃないし、熱かったら脱げば良いけど、寒いのは風邪ひいちゃうんでね。


楽しみまショー!!

ウトヤ島、7月22日(銃乱射事件の事実に基づくフィクション)


f:id:damareyo:20190315210549j:plain

ウトヤ島、7月22日 本予告 - YouTube

映画『ウトヤ島、7月22日』公式サイト』

ストーリー

ノルウェーで起きた連続テロ事件のなかのウトヤ島での出来事をえがいた、事実に基づくフィクションです。

サマーキャンプで集まった無防備な若者たちを銃で乱射、72分という短い時間で沢山の犠牲者がでた事件です。
小島的な島のため、逃げるにも逃げられず、他の事件の影響で通信状態も良くなく助けがなかなか来ず、犯人が何人なのかも分からないまま銃声からひたすらひたすら逃げるカヤの物語です。

凄いところ

ワンカットの映画です。
主人公カヤの隣で目撃しているような感じです。
山の中を走って逃げうたりしてカメラがブレたりするんですが、その感じが臨場感がありました。

ワンカットなので実際の時間経過とおんなじ感じで、「5分後」とか「翌日」みたいなのがありません。
「編集で切った」みたいなのが無いのです。
早く終わって欲しい恐怖の長さが分かります。

事件の事なので恐ろしくて見ている間に力が入って疲れました。。。
人が射たれますのでショッキングですが、心して見てください。

おもうところ

こういう映画をみると、自分ならどうすれば良いんだろうと考えます。
「あの時隠れてないで逃げればよかった」とか逆に「隠れてれば良かった」とかあるとか考えるけど実際なんて分かりませんね。
ただ色んな選択肢があるんだということは知っといた方がいいんでしょうね。


東日本大震災の3.11が近い日に見たのですけど、同じように防災とかどうやって身を守るのかとか、どうやって逃げるかとか考えます。


私の教訓は「お互い生きてりゃどうにか会えるからとにかく生き延びろ!」これですね。


亡くなった人や巻き込まれた人、その周りの人の悲しみも少しでも早く癒えると良いですね。。。





そらのレストラン(大泉洋さん主演。チーズつくって泣いたり笑ったり)

先日、「そらのレストラン」観てきましたよ。

そらのレストラン

そらのレストラン

あらすじ

主人公(大泉洋)が酪農(乳牛育ててる)しながらチーズを作る話です。
人工の少ない感じの村で、近所の農家さんとかの息子やらlターン的な人と協力しながら、いわゆる田舎暮らしをしています。
生産者としての苦悩、田舎で暮らすことなど、様々な悩みに直面しつつ、自分の目指すチーズを作るお話です。

シリーズといいますか

↓これの流れの3作目だそうです。

ぶどうのなみだ

ぶどうのなみだ

しあわせのパン

しあわせのパン

なるほど雰囲気が似てますね。
北海道をロケ地にして北海道に縁のある俳優さんが沢山出ています。

パン作ったり、ワイン作ったりしてます。


ベースは主人公の心情というかそういうのが軸で、色んな仲間が「自由な暮らし」をしている感じです。
力を抜いて、でも頑張っていく、そういう感じが良いですね。

いわゆる雰囲気系の映画かもしれません。
マザーウォーター」とか「かもめ食堂」とか好きですがあんな感じですかね。
話が物足りないと言う人もいるんで、本当に好みによると思いますが、そういうの好きな人には是非。

最後に

大泉洋さんが大好きで!
そして小日向文世さんも凄く好き。
高橋努さんも、グロースZEROの時に面白いなーと思ってちょいちょい見つけて面白がっています(笑)

ミスターさんもちょこっと出演されてるので、水どうファンもぜひ。

銀のエンゼル

銀のエンゼル

不便な便利屋 2016 初雪

不便な便利屋 2016 初雪