読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

イノセント・ガーデン(大人になって目覚める心)

私、なぜ録画したのかとか、どんな粗筋なのかを忘れている場合が本当に多いのです。
なので、たまたま放送しているのを見ているぐらい、そこから何が始まるのか分からないんです。
最近それが面白いです。

しかし、興味を持ってもらっていつか見てほしいとも思うので、感想とか書いちゃいます!


主人公のインディアは、18歳になる女の子。
毎年誕生日には父が靴をプレゼントしてくれる。
それは必ず宝探しになっていて、庭を探して回る。
今年の誕生日、父は事故でなくなり、プレゼント箱には謎の鍵。
葬儀のなか、会った事もなかった父の年の離れた弟・叔父のチャーリーと出会う。世界を旅していたと聞くチャーリーは何だか変わり者で、親戚からも浮いている。
母と暮らす家にチャーリーはしばらく身を寄せることになるが、次第にインディアも心を惹かれてゆく。。。


始まりはこんな感じですが、コレから起こることは一切感じまいせん。
なので、なにも知らずに見た方が面白いタイプというか、最終的に全部説明がつくので、安心して見てください。


主人公のインディア役の女の子は「アリス・イン・ワンダーランド」のアリスです。
正直、ストレートに可愛い子では無いですね(笑)でも、時々凄く魅力的。
イヤ、魅惑的?
なんか謎めいていて、役にぴったりのような気がします。少女が大人の女になるという幅のある雰囲気を演じ分ける(化粧も含め)というのは、なんか日本の女優には少いきがします。


これ、監督「渇き」の方でビックリしました。
ちょっと変わった映画撮る人なんだなーと改めて。しかも画角がキレイなのも特徴のような。
最後まで気が抜けない展開で世界に引き込んでくれました。


実は結構ハマった映画です。
クイーンがめっちゃ好きで。
アートワークに時々毒があってちょっとドロドロしてるのが最高。

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

アリス・イン・ワンダーランド ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

渇きは結構昔に観ました。
前振りが少し長いけれど、ラストが好きですね。
ただし、この主役の男性が生理的に嫌いで(笑)
カッコイイ設定の様なのですが、それが受け入れられません。
圧倒的に女優さんが美しいので最後まで見たけれども!

渇き [DVD]

渇き [DVD]