読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

樹海のふたり(インパルスが主演ですよ!)

なんか板倉さん、好きなんですよ。(唐突ですね。)
演技、してる感じがしないですね。
なにをやっても「誰かになりきる」人と「本人のまま変わらない」人と役者さんには2タイプ有るように思います。
どっちも好きですし、良さが違いますから比べられないです。


このストーリーについて。
映像制作会社で仕事してる2人が一発あてるつもりで樹海を舞台に、自殺者を止めるという目的で取材を始めます。
自殺者はひっそり死ぬつもりなのでなかなか取材できなかったり、樹海を散策するなかで危ない目にあったりします。
初めは仕事で成果を挙げるためでしたが、次第に人の生き死に直面することで、気持ちに変化が起こって行きます。


生きてりゃいいことあるという言葉の疑問。
苦しんでいるから楽にしてやる、
死んだ方がマシな悪人、
答えはないけど、問い掛けるような内容です。


暗すぎずサラーとしていたので、あまりブルーになるような雰囲気はなかったです。


堤下さんは、役があまり好きじゃなかったけど、それはそれで(笑)
お父さんとの掛け合いのシーンは面白かったな。


板倉さんはちゃんとカッコよかった!
需要が気になる(笑)


樹海のふたり [DVD]

樹海のふたり [DVD]