読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

つなぐ(幽霊が出ます!)

死んだ人間と生きている人間を会わせる役目をする「つなぐ」。一生に一度、お互いの同意で会うことが出来るが、いつ誰に会うのかは本人次第。

祖母(樹木希林)が孫(松坂桃李)へ役目を受け継ぐなかで出会うさまざまな人たちの、後悔や不安とむきあい、愛憎を知ることになる。
また、自らの生い立ちを知るなかで、大事なことを掴もうとする、ほっこりストーリーです。

見ていると、孫と祖母が本当に家族のようで。
感情移入してほろほろと涙が出たりします。

小さなストーリーが何個かあって、それぞれも好きです。若い女の子の友情、恋人、夫婦、親子。
よく考えたらキャストが豪華すぎてビックリです!


でも、やっぱり樹木希林さんが好きです。
なんか、もうろくしているお婆さんを出すんだけど誤魔化してるだけで、自分に見えているものが何なのか、どういう事かわかっている。
しかも服もシンプルなのにおしゃれ!
衣装は、私服が混ざっているというから素敵ですね。

ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

ツナグ (新潮文庫)

ツナグ (新潮文庫)

このタイトルみると、「ゆれる」を思い出してしまう(笑)
テイストは全然違いますよね。

兄弟と三角関係たったと思われる幼なじみの女の子のがつり橋から落ちて亡くなります。
女の子は、事故だったのか、事件だったのか。
兄弟のどちらが殺したのかを、裁判でそれぞれの証言から探って行きます。
証言する中で、ウソをついたり、混乱して本当はどうなのかわからなくなって行きます。

信じていた人が本当はどんなことを考えているのか垣間見るって、結構怖いことだなと感じる映画です。

ゆれる [DVD]

ゆれる [DVD]