読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬] (昔のアルバムツアーです!大阪一日目参戦)

音楽

はい、DIR EN GREYの時間です。

鬼葬

鬼葬

昔のアルバムのツアーをイロイロやっていまして、今回は鬼葬です。
北海道があったためか今回は東北は無くて、何にしても遠征だったので、私は考えた!
いつなら休みを最小限に出来るのかと。
(土日祝が休みです)

そして大阪はこの土日で2DAYSだったので2DAYS申し込んだよ!
今日は1日目!
しかし私にとっては、初日でありファイナル!
だってチケット取れなかったんだもの!

全力投球です。

チケット番号216番

はい、恐らく2000位の会場なので、とても良い。
そして京さんの生年月日です。
運命しか感じていない。

今日は皆さん(ファン)も気合い入ってまして、押しも早かったです。明るいうちに押されたし何度も波が来た。
私は押されて前から2列目へ。
柵前の人の後ろでした。一番良いところだと考えています。柵は痛いから。。。
Shinyaさん前位のいつものところに立っていました。

とにかく忘れる前に書きましょうか。

鬼葬は新バージョンある曲はそれで、あとは元のバージョン。
歌詩が時々ちょっと変わってましたが再構築では無かったです。
embryoはアルバム版。「1983夏の朝~」ね。
G. D.Sやったね、懐かしかった!
umbrellaだったかな、間違ってやり直し!

え?オレ?
みたいな。
結果あれは何がいけなくてあんなんになったか分からなかったけど、レアな体験です。
「うえーい!」
つってやり直し。楽しかった!
おっかしいなぁって顔してました。
なんか、京さん可愛かったです。

今日はやっぱり押しも強かったし、曲が激しかったのか、倒れるひと続出。
京さんめっちゃ見渡してたし、ちゃんと助け出されたか気にしてた。
そういう意味でちょっとそぞろになるタイミングがありました。
(ファン側ももちろん。)

前行くときは、自分の腕を前の人の背中との間に挟んでクッションにすると、空間が出来て少し風が通って良いです。
(心臓を捧げよ!みたいな感じか、腕振らないなら両手で乙女みたいに手を組む)
人の波に流されないように前の人の肩を持つと、ピッタリくっつくことになって暑い!
動きも必然的に激しくなり、自分のペースじゃなくなるのでバテます。
楽しめるようにしたいものです。


大阪だとやっぱりテンション違うんだよなー。
今回とっても高かったですよ。
京くんがめっちゃ踊ってて可愛かったし、京さんがDieさんのピック盗んで投げようとしたら、Dieさんのシャワーにぶつかって、えっへへ☆みたいなKAWAII

ツアーグッズのロンTは袖がだらーんと長くて京さん好みだと思ってたが、アンコールで着ていて、だらーんとしてて可愛かった。
そして私はそれを帰りに買いました。


そういや、上手に来た薫先生にDieさんが近寄ってうえーいって絡んでた時に薫さんがDieさんにコンコンと頭突きしてて可愛かったです。

(私は前の人に頭突きしてしまったので後で謝りました。いい人だった。)


なんなの。
まじでなんなの。
みんな、テンションが若返ってる!
曲調のせいだね。

でもCOOLモードなToshiya☆

ミカンを投げるShinya。
エロスが弾ける京さん。
Dieさんのオリャーって感じはいつも変わらず、こっちのオリャーってなるし。
薫さんは渋いね。でも可愛いね。ふっふっふ!って感じ。



あー!
最高に楽しかった。
夜行バスで京都まで仙台から11時間半近くかかって、ついでに観光したけど、本当へでもありませんでした。
また来たい。
次は京都の回でも良い!
選択肢が増えるぜ。

あー明日参加する人頑張って!
新木場もあるけど、いけないけど頑張って!
ライヴは特別な日である。

追記。

ライヴの時、私は荷物を減らすため、ホテル又はコインロッカー等から、半袖で移動します。
ライヴTで。

↑これに小銭とお札、折り畳みのブラシ、鍵類、チケット、スマホを入れます。
チャック2個とマジックテープ1個のポケットがあり、飛び出しません。
お札はしっとりしますが、パンツに入れるよりは、マシです。
あとタオルも結びつけます。

カラビナとボトルホルダーがついています。
うえのポシェットに取り付けています。そのまま引き上げて飲めます。
ライヴでは飲み物必須。
カラビナでベルトに付けれるけど、ライヴ中にカラビナからホルダー部分を取ったり着けたりは出来ない!

グッズ系のケースはもったいなくて使えない人間なのです(笑)

濡れたままホテルに帰るのはやっぱり寒かったので、ロンT買って正解でした。
パーカーも可愛かったけど、帰りの荷物事情を考え止めました。
売り切れにくい商品であれば帰りに買った方が楽ですね。

あと、書き忘れたけど、新曲。
楽器はカッコいいけどメロディーがキャッチーな感じで「てふてふ」と「 an deux」を足したような感じでした。
「生きる生きたい、でもどうやって」的な歌詩で泣きました。
あの曲、音源になると良いな。
制作中の曲を披露している状態なので、消え行くかもしれないし、変わるかもしれないとのことで。
ワクワクします。
せめてDVDとかの特典で音源にしてくれないかな。

鬼葬

鬼葬

six Ugly

six Ugly