読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

プラダを着た悪魔(そして悪魔の先を読む主人公は秀才)

ファッションもなにも興味がない私にとって、興味が無いジャンルの話だと思っていたため、初めて観ました。

結果として、私のような人も観て楽しいです。

ストーリー

主人公アンドレアはジャーナリスト志望で就職先を探している。
しかし、働く事になった先は、希望していた部署ではなく、同じ出版社のファッション紙「ランウェイ」の編集部。
しかも気難しい女編集長ミランダの秘書。

ファッションに興味がある人はダレでも憧れるミランダの秘書だが、過酷でも有名らしい。

「一年持てばどこでも通用する」

認められれば希望の部署にも異動できるかと思い頑張ることにするが、多難でてんてこ舞い。

しかし賢いアンドレアは味方を付けて、見た目も仕事ぶりも変身して行くストーリーです。

キャストと役について感想

主人公役のアン・ハサウェイの変わりかたは、本当にハッとする。
元々きれいな人だとは分かってるんだけど、変わり方が凄い。

ファッションとは凄い物なんだとわかるシーンがあるのです。

その時主人公は服を変えて、化粧などを変えて、髪を切っただけ。
(奥さま大変身みたいな各種プロが色々した感じ。)

ダイエットで変身したわけではないのです。
外側を整えるだけで、印象が変わり、本人まで意識が変わる。
実際は痩せてから撮ったかもしれないが。

魔法のようだわ。


ハイブランドが素晴らしいのは当然だろうと私は思ってるのです、すべて良いものにしたらそりゃあ、良く見えるだろうと。

それを着るために努力したり、作っている側の努力や愛があるし、熱量がある物なんだなと。
それを着ることで色んな意味で人を変えますよ。
凄いもんだわ。


ハイブランドでは無いとしても、それなりに気を遣って、ちゃんとした服を着たいなー。
とか思いました。


そして、メリル・ストリープ
編集長ミランダ役。

秘書の机に、コートとバッグを投げ置く鬼です。
同じ服やバッグはない感じで、毎日全部違う衣装。
何回撮ったの!
何回着替えたの!!!


はーっ!超高そうな物をドンと置く!

まあ、凄いね。
でもギラギラしてる訳じゃなくて、オシャレな感じ。
そういう映画なんだけども!!


この切れのある感じ凄く好きなんですよ。


アン・ハサウェイメリル・ストリープを観るために観たんですけど、凄く良かった。


彼氏役、エイドリアン・グレーガー。
彼は「世界の終わり」という映画でみて、雰囲気系の人だなーと。
今回は、「普通の彼」って感じでした。
主人公が仕事で頑張って次第に変わっていくのを、「頑張って」とか励ましたりしない。
話を聞いてくれる人ではあったけど。
でも「お前、変わったな」みたいなことを言う人です。

悩ましかった!


大して良い男風でもない、良い男は仕事で沢山出会うし、主人公も沢山悩むんですな。
普通っぽさが良かった。


スタンリー・トゥッチ
ナイジェル役。コーディネーター?スタイリスト?みたいな役。
アレにはコレを合わせようとか、主人公を色々助けてくれる役でもあります。

なんか良く見る人です。
イタリア系とのことで、ポイんです。
デザインとかそういうの似合ってる!

コレは見た方が良いね

人気あるのが解る。
女性が頑張って仕事で認められ、オシャレな服を着こなし、ハイヒールでダッシュ。
華やかな世界でね。

しかし、本人が立ち止まり、自分の気持ちを確認し、進み始める所が一番好き。
そして、違うジャンルだろうと、一時的だろうと、頭の回転がいい人や人間性がいい人は、使える人になる。
努力の効率が良い!無駄にならない!

あんな人に成りたいと思うならば、目の前の事をやってみるしかないと思う。
ときに限界まで頭をつかって、「はっ!」と何かが降りてくるまで頑張ると、変われると思う。

めげてたら何も変わらない。
そう思うと、また気力がわいてきそう。

かもしれない。


おそらく。


だぶん。


ジュリー&ジュリア [DVD]

ジュリー&ジュリア [DVD]

インターステラーのアンの「やっちまった」感の顔が好きです。