読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

喰女クイメ(四谷怪談をモチーフにした海老蔵サマの映画)

海老蔵サマって書くとファンぽいよね。
何かと話題の多い方なので、目にすることも多いです。
役者とか梨園の世界の方ということで、興味がある感じです。

とは言え、柴咲コウ

四谷怪談といえば「お岩さん」です。
男に裏切られ死んだお岩さんの亡霊に男が悩まされ、非業の死を遂げるというお話です。

この四谷怪談の舞台練習中の役者、長谷川浩介(海老蔵)と後藤美雪(柴咲コウ)。
2人は付き合っているのだか、浩介は若い女優と浮気しちゃうわけです。
美雪は嫉妬し、劇中のお岩と同調し始め、裏切りへの復讐心で埋め尽くされることになります。。。


柴咲コウはとにかく、演技が凄かった!
お岩さんも美雪も血みどろなシーンがありますが、超コワイ。気持ち悪い。エグい。

撮影してる時は別に痛いとかじゃないと思うんだけど、でも超痛そう涙。
男の腰が引けるような女の恐さです。
「うらめしや」の細い声が、なんでそんなに恐ろしいのか。

舞台なのか現実なのか

見せ方としても、登場人物の気持ちとしても、舞台の場面と現実の場面か混ざり合い、どっちの話なのかと思うぐらいで。
それからパッと現実を見たときの衝撃とかが凄いのです。

舞台の方を長めに映していたのに、なんだか現実の出来事の方の話をしているみたいだったり。

そして純粋に「その舞台観てーよ」って思いました。
役者さん豪華だったし、装置も凄いちゃんとしてましたよ。
別に詳しくないけど。


ジャパンホラーという感じとはまた違った怖さでした。
「ホラー」っていうか「怪談」って事なのか。
お股がスースーするようなゾッとする話でした。。。


海老蔵さんは、やっぱり演技してる時って、舞台の人だなーと思いました。
なんか、ドラマとかの人とは違いました。
声とか姿勢とかなの?
感覚だけでしか分かってませんけど。

昔からある怪談に興味が湧きました。
おわり。

メゾン・ド・ヒミコ Blu-ray スペシャル・エディション

メゾン・ド・ヒミコ Blu-ray スペシャル・エディション

食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD]

食堂かたつむり スタンダード・エディション [DVD]