読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

ウォーキング・デッド(ゾンビのドラマって斬新)

ドラマ

秋ぐらいに一気見しました。
いまだ続いてる人気の海外ドラマです。

ストーリー

主人公は保安官。
ある日、強盗を追跡して撃たれてしまう。
そして目が覚めたら、世の中が激変していた。

今はいつで、何が起こったのかも解らないままに出会った人と協力し、妻と息子を探す。。。


という感じ。

今まで観てきたゾンビ関連を思うと、パニックホラーよりも、生きている側の考え方とかがドラマ性があって、好かれやすいんじゃないかと。
何を守れば生きていけるんだろうという考えがそれぞれ違っていて、集団の中で団結できたら良いのは分かるけど、納得できない、とかね。

そこで揺れて判断ミスとかね!!

お前のせいでアイツは死んだ!
みたいなのとかね。


でもね、24のジャック・バウワーみたいにイライラはしないです(笑)


シーズン4の前半まで見たんですが、後半はレンタル安くなったら見たいです(笑)そろそろかなぁ。。。
続き物は長いから高いんだもの。

ダリルかっこいい。

ボーガンで戦っていて、バイクにのってる彼です。
シーズン3位からかな、主人公ぐらい目立つ存在になってますよねー。

ノーマン・リーダスという人。
この方、昔どっかで見たなーと思ったらちょいちょい出てた。
処刑人(弟)の時はすごいカッコ良くて好きです。
でも、見た頃は、他の作品にもあんま出てなくて残念だなーと思ったのを思い出しました。
沢山出てくれて嬉しい。


結構グロい

よくテレビドラマで放送してるよなと思うレベルでグロい。
ゾンビは人形感(動かないヤツ)とかあるけど、分かっててもなかなかの描写です。
苦手な人はお勧めしません。
バイオハザード大丈夫ならイケると思います。


どういう落ちをつけるつもりか見えない所もまた良いです。
どうなっちゃうんだよー!!!ってなる。上手だなぁ。