読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

トワイライト ささらさや(死んだ旦那が幽霊で見守る!)

新垣結衣大泉洋が夫婦役を演じた作品です。

子供が生まれたばかりなのに、主人公は事故で死んでしまう。
妻は親族もなく一人で身寄りがない。
葬式で途方に暮れる妻と何とか話したいと思ったら、なんと参列していた師匠に乗り移った!?

ほんの短い間だけ。
同じ人には乗り移れない。

妻にナイショにしていた事。
そして、知らなかった親の気持ち。

知らない人が助けてくれたり、良い人たちと出会ったり、ほっこりストーリーです。

演技って

凄いなぁって思う作品でした。
まず、旦那さんが大泉さんなのですが、乗り移れた人は、大泉さんっぽい演技をするんですよ。
おじいちゃんも、おばあちゃんも子供も、お兄さんも。
大泉さんって特徴的な役者さんだと思うけど、なんか、演技の演技してるって凄いなぁ!って。
大泉さんっぽいんだもの。


そしてガッキー。
こんな可愛いのに母役って!
初々しい役とはいえ!!

ファンとかじゃなかったけど、見たら、めっちゃ可愛いじゃん!!!ってなりました。
急に。
演技っぽい感じがなくて好きです。
さらっとしていて、弱いけど弱々しくなくて、芯がある感じがして。
ま、大人ですしね、良いですね!

ささらさやってなに?

「ささら」という町で妻「サヤ」が過ごすという内容なのですね。
ちなみに夫は「ユウタロウ」。

ストーリーの路線

夫婦愛もありますけど、どちらかというと子供を持つ者の愛のカタチです。
ユウタロウは親に反発しているところがあるんだけど、親には親の状況というか事情があって、というのを知るわけです。
あとガッキーが母として腹をくくる。


「青天の霹靂」の方が泣けるし好きですよ。
起伏もあるし。
まぁでも、赤ちゃんに寄ってくるオバサンたちの感じは、良き時代の雰囲気です。