読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

青天の霹靂(劇団ひとりと大泉洋というタッグ)

絶対良い話系だよなーと思いながら、多少の笑いももちろん求めながら見ました!

ストーリー

自分はなんで生まれたんだろう。
冴えなすぎて、人生を諦めた主人公(大泉洋)は、売れないマジシャン。
ある日、音信不通だった父が死んだと、警察から身元確認の連絡が。
思えばちゃんと話しとけば良かった、みたいな後悔のなか青天の霹靂。
雷に打たれて、気づいたらそこは、自分が生まれる1年前。
そしてひょんな事から、父とコンビを組んでマジシャンとして舞台に上がることに!

巻き込まれながらも、自分の生まれるまでの真実を知ってゆく物語です。

キャストが好き

大泉洋が好きです。ナックスとかも。
静かな役も好きだけど、少し笑いを取るぐらいが、本人ぽさがあって好きです。
母役の柴咲コウもめっちゃ美しい。
つうか母親美人なんだから、大泉さん違いすぎる(笑)
父役の劇団ひとりは、グウタラ役なので、けっこうイライラする役どころ。でも芯があるんですよねー、そこがギャップでねー。

とりあえず泣きたいときは

泣いてみたら良いんじゃないですかね。
もう、もうどうしたら良いのかわからないような気持ちになるときはあるんだけど、ひとつの事が上手くいかなくても、他の道があったりするのに気付かなかったりしますね。
そう言うときって衝撃が何かしらないと、あんまり変われない。
なんかと出会わないと、行けないときなんでしょうね。

生まれて良かったー!とか、思うタイプじゃないんだけど、人一人が生まれるって凄いことなんだと、感じさせてくれました。

陰日向に咲く 通常版 [DVD]

陰日向に咲く 通常版 [DVD]

陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

陰日向に咲く (幻冬舎文庫)

↑これも、原作のアイドルのファンが好きでした。

しあわせのパン [DVD]

しあわせのパン [DVD]