読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑食映画室

観た映画の感想がメインです。レンタルや放送の録画を観ることが多いです。ゆっくりしていってね。

藁の盾(命の尊さはみんな同じだというけど、死ぬ価値のある人もいる)

大沢たかお松嶋菜々子藤原竜也などなど豪華な俳優さんで構成された映画です。

目一杯の不条理

幼女連続殺人の犯人に金持ちが懸賞金をかけた。殺したら10億。殺せなくても頑張ったやつにも1億。

一般市民が殺すのは当然犯罪だ。
でも、お金に苦しむ人や、犯罪被害者はそれに賛同してゆく。
主人公は九州で捕まった犯人を東京に移送するため、殺されないように警護するSP。
警察はメンツを守るため、生かして裁判にかけたい。
しかしそこかしこに殺害を目論む市民や警官が。

どうせ死刑になるのに、殺されてはならないから、命をかけて守る、という図式を何とか飲み込もうとするSP達。
犯人と隣り合わせで移動する主人公達のお話です。

藤原竜也

犯人役にしてはイケメンで性格悪そうじゃない。
しかし、カイジ役のようなゲスをやってのける役者さんです。
なので、本当にムカつく!
この犯人は超ムカつく。
だからこそ「殺されて当然」と思うのに、「私刑は罪」というジレンマを生みます。

こいつのせいでマトモな人間が死ぬってなんなの?


犯罪被害者の家族とか、こんな気持ちなんだろうなと言うのが見えます。
「死者は望んでない」とか、そんなことで理性を持って生きてるのって、凄いよね、すごいマトモな人間だよね。

価値観とは

辛くなる映画だけれど、オチの不快さといい、なかなか好きです。
日常のなかで沢山の人がいて、スレ違い、同じく笑ったりしているけれど、極限には違った考え方をしてます。
自分意外はどう考えるのか、それを知るのは大切なことだと思う映画でした。

大沢たかおファンなのであれば、ストロベリーナイトの劇場版は観るべきだとおもう!